HOME >> 歯科情報館 >> 物が噛み切れない理由を町田氏による矯正歯科を検討・

物が噛み切れない理由を町田氏による矯正歯科を検討・





皆さんは歯並びがわるいと通常の矯正歯科でもそうなのだが、

普通に話していても歯並びが悪いことで口元が気になったり、

歯科医師からの目で見なくても、しっかりと分かる症例です。


なので、矯正歯科でもそうなのですが、

デコボコが多くて、虫歯にもなりやすいし、奥歯の咬み合わせが

良くない場合も多くあって、町田 矯正歯科でも患者様の中に、

食べるのに、上手く物が噛み切ることが出来なかったり、

特に食事に関して問題になることが多々あります。


ですので、いわゆる見た目をとても我慢すれば、

歯並びはまあいいかなどと、思っている方も本当は

食事に関してや、発音に関してのハンディーがあり、

実は実感している人が多いのではないかと思います。



しかしながら、歯並びにデコボコがあるのは、

多くの場合が前歯が多く、矯正歯科でもそうなのだが、

奥歯の噛み合わせ寄りも、前歯が歯磨きしにくいような

状況になっていて、それはそれで不便だと思います。



これは、実はがたつきは、歯を失いやすい状況のことが

多くあるということでも実はあります。



通常の矯正歯科などでは、歯を失うリスクや歯が閉じない

いわゆる開咬(かいこう)といわれるような

上下の歯がなかなか咬まずに開いているような

見た目も気になってしまう咬み合わせのことで、

実は一般的には前歯に起こる場合がほとんどになるのです。


インプラント情報館 矯正歯科の歯医者解説へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。