HOME >> 歯科情報館 >> 進んだ時には驚く歯周病治療の実態・

進んだ時には驚く歯周病治療の実態・

menu02-img2.jpg

実際の人間は成長するにしたがって親、

祖父母をはじめとする肉親等から細菌をもらっていきます。

 

また沢山のカビも、空気中にも食品にもいますから、

食事をしている時、しゃべっている時など当然お口の中に入っていきます。

 

歯科において30代の85%は歯周病だといわれているそうなのです。

 

歯の歯周病は、最初のほうはまったく症状も

なかなか体外に出ないので気が付きにくい病気です。

 

しかも御自身で気が付いたときには、

歯ぐきの状態もかなり進んでおり、

症状が出たときには手遅れの場合も多いようなのです。

 

その状態から狛江 歯科の歯医者さんは処置が難しいようなのです。

 

元の健康な歯と歯ぐきへ戻すのはなかなか大変ですし、

実際完全に元にもどるということは

とても難しいと歯医者でも思われています。


インプラント情報館 矯正歯科の歯医者解説へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。