HOME >> 歯科情報館 >> 噛み合わせの治療期間は矯正歯科で判定できる・

噛み合わせの治療期間は矯正歯科で判定できる・

img36

 

不正咬合はそのまま放置するとどんどん悪くなります。

 

最初に気がついたときは周りから見ても、それ程でもないものが、

体の成長と共にどんどん進行して行きます。

 

よ歯並びがくなることは全くないといっていいのではないでしょうか。

 

不正咬合には様々な原因がありますので、その原因が

喜多見の矯正歯科などで解消されない限り

その原因が歯並びの結果を生み出し続けますので、

悲しいことによくなることはないのです。

 

 進行すればするほど歯並びを治すには手間がかかります。

 

実際に本人の負担が大きくなります。

抜歯をしないとなかなか治せなくなることもあります。

 

ほんの少しの治療で治せるはずが始めることがおそくて

無駄な負担を実際に強いることになってしまうことも。

 

もちろん不正咬合は歯の虫歯や、顎のずれを実は引き起こしますので、

治療において二次的に引き起こされた害も

実際に本当はないはずのものです。


インプラント情報館 矯正歯科の歯医者解説へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。